鳥取予備校
 
AccessMap  SiteMap  お問い合わせ 
サイト内検索:

推薦入試とAO入試

<推薦入試とは>

■選抜方法のパターン

推薦入試には、公募制指定校制の2つの選抜方法が採られています。

公募制の選考方法は、主に国立大学で採用されている選抜方法です。公立大学でも公募制が採られていますが、その大学を設置している県や市の高校を対象とした公募制の推薦入試をしている大学もあります。私立大学でも公募制が大半ですが、指定校制のみの大学や公募制・指定校制の併用もあります。


推薦入試における選考方法は次の通りです。

①書類審査のみによる選考型。(書類とは、調査書・推薦書・作文など。)
②調査書+面接による選考型。
③調査書+小論文(作文)+面接による選考型。
④調査書+学力試験+小論文(作文)+面接による選考型。
⑤調査書+学力試験+面接による選考型。
⑥調査書+実技+面接による選考型。

このうち、もっとも一般的な推薦入試は、③の「調査書+小論文+面接」型の入試が大半を占めます。また、国公立大学の推薦入試では、センター試験を課す大学・学部と課さない(免除)大学・学部があります。



■推薦入試の受験者資格

推薦入試には、さまざまな基準がありますが、もっとも一般的なのは、評定による出願です。高校時代の学習成績を調査書として大学に提出しますが、調査書中の「評定平均値」の最低基準を出願条件に設定しています。

評価 全体の評定平均値
A 5.0~4.3
B 4.2~3.5
C 3.4~2.7
D 2.6~1.9
E 1.8以下
☆全体の評定平均値とは☆
高1から高3の1学期までに履修した全科目の評定(5段階評価の成績)を合計し、それを加算したすべての科目数で割った数値。

■専願か併願か

国公立大、私立大ともに指定校推薦の場合、すべて専願となります。つまり、推薦入試で合格したら、必ず入学しなければなりません。もし辞退すれば、翌年から出身校の出願が認められなくなる場合もあり、学校に迷惑をかけることになります。

国公立大の公募制推薦も専願のみとなり、受験者資格の中でも合格内定後の入学が確約できる生徒を大学は求めています。一方、私立大学の公募制推薦の場合は併願が可能なことが多いのが特徴です。


<AO入試とは>

近年、さかんに行われるようになってきたAO入試について説明します。

AO入試とは、“admissions office”(アドミッションズ・オフィス)の頭文字を取ってAO入試と呼んでいるわけですが、元々アメリカの大学での選抜で採用されている入試の一種です。その内容は、大学側の求める学生像に合致する人材を入学させる目的で行われている入試です。アメリカの大学では、アドミッションズ・オフィスは、入学する学生の選抜を一手に担う組織です。アメリカのアドミッションズ・オフィスは、志願者に学力試験を課さず、評価基準に沿って事務的に入学者を選抜しています。

日本の大学も学力検査以外の評価基準で学生の選抜を行う風潮が90年代より現われ、1990年度に日本で初めて慶応義塾大学が行い、今日では北海道大学、東北大学、九州大学のような旧帝国大学をはじめ、さらには一橋大学や全国国公立大学、私立大学で実施されています。

具体的には、あらかじめ大学側が求める人材を大学の入学指針(アドミッション・ポリシー)に基づき、高校時代の学習成績や活動等を基に入学志願者と面接を行います。AO入試が一般の推薦入試と異なるのは、大学側の一方的な面接ではなく、入学を志願する生徒の高校時代の活動や自己アピールを面接の場で行うことができる点にあります。


【参考リンク】 鳥取大学 AO入試ガイド